自分力ブログ

自分なりの成功パターンでゆるく、楽しく、たくましく生きる方法を見つけるお手伝いをしています

従業員の増加で給料が減る恐怖は私のチャンスになるのか?

   



もうすぐ嬉しいはずの給料日が何だか憂鬱です。

 

これはピンチだから同時にチャンスだと思いたい

 

売上の進捗状況を見て凍りつきました。何となくは分かっていたけど、実際数字を見せられると恐怖を感じます。

 

給料の締めがもうすぐだというのに、先月の売上よりだいぶ少ないのです。完全歩合制なので売上が減る=給料が減るので死活問題です。

 

その理由は

 

従業員の増加。。。しかもふたり。。。

 

その分お店の売上自体は増えていますが、一人当たりの売上は減っています。

 

みんな減った分稼ぎたいから、長時間労働の競争になる。なんだか悪循環の気がします。時給単価は下がっています。

 

早くここから抜け出さなくては(;´Д`A

 

正直恐怖を感じました。

 

これからも従業員が増える可能性もあります。季節的にお客さんが減る事もあるでしょう。

 

自分の会社に時間を使いたい私は、長時間労働の競争に参加したくないのです。

 

今ある環境は必ず変化する

 

変化がいい事、悪い事ではなくて、対処できる自分にならないといけません。私の経験上、変化するときはその後いいようになるのですが、渦中にいるときはそう思えません。今その恐怖を感じています。

 

お尻に火がつかないと動かない私にはちょうどいいのかもしれませんが、かなりの荒療治になりますね{(-_-)}

 

恐怖や怒りの感情は、持っていく方向さえ間違わなければすごいパワーになります。今回の恐怖にパニクらないように作戦を立てて実行していこうと思います。

 

要は雇われから、自分で仕事を取ってくるということです。

 - 雇われ時代

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

職場に不満を感じているならそこから脱出する努力をしよう

「どんなに辛いことがあっても生き延びる努力をしろ!!」映画「永遠のゼロ」での主人 …

no image
無料なら、安ければお客様が試してくれるなんて思っちゃーいけない

本部から届いたチラシはかっこいい。写真も綺麗だからインパクトもある。 ただ、もら …

10000時間の法則を実践すれば解雇だって怖くない!!

  またしてもひとりの男性が解雇されました。お客様の話です。 &nbs …

起業話をちょっとだけすると、サラリーマンより断然楽しい

半年前に夫と起業を果たしたひーさんです。といっても、完全に移行したわけではなく、 …

クレームのお客様の気持ちを考えたらちゃんと対処できた話

今日はお怒りの男性客がご来店。   同僚に噛み付いてました。途中から私 …

会社員の言う『自由』とは意外にもこんなちっぽけなものかもしれない。。。

「自由」とは??当たり前ですが人によって違います。   囚人にとっての …

新会社のロゴをランサーズに依頼しました(^-^)

会社なんだからこれがないと始まりません。私はランサーズで頼みました。 一応私もラ …

転職したらそこは天国だったって話

転職。私の体験を書きます。   今の職場は嫌だけど、転職にも不安がある …

すごい仕事できる人より自分で良かったと思う話

40年近く生きてると、仕事できる人にたくさん出会います。   要領がい …

ビラ配りを経験して、これってまったく意味ないわって思った

ビラ配りのアルバイトではなく、仕事の一部がビラ配りだったことがある。リラクゼーシ …