自分力ブログ

糖質制限で加齢の食い止め、睡眠の短時間化、ビジネススキルの向上を目指します٩( ᐛ )و

エネルギーのダダ漏れを今すぐストップしよう٩( ‘ω’ )و

   



 

面白い記事を見つけたのでご紹介します。

第一チャクラ強化法

何と!!肛門締めでたった1ヶ月で人生が変わる!!

 

またまた〜。って思いました?私も思いました 笑

 

でもなんか気になったのでやってみたらなんかいいかも〜(°▽°) ってなって続いてます。

 

これのいいところはいつでもどこでも、他人にバレずにできるということ。

 

時間も場所も選ばず、特別な器具も必要ないのが嬉しい。これで三日坊主なら何もできないレベル。

 

第一チャクラの肛門は生命力そのもの

 

生命力(エネルギー)がないと何もできない。これやりたい!って思っても気力が続かないってことありますよね。

 

先日なんてまさにそうでした。

びっくりするくらい何もやる気が起きない時みんなはどうしてる?

 

肛門締めを毎日することで、エネルギーがどんどん湧いてくる。らしいですがまだ実感はありません。

 

私の場合、エネルギーがそもそも低いようで、そんな人の共通点が肛門が緩いことだそうです。。。オケツが緩いなんて恥ずかしい。。。

 

オケツが緩むと、エネルギーがそこからダダ漏れになるっていうんだからもったいない。

 

ただでも少ないエネルギーが漏れていたなんて。。。漏れてるどころじゃなくダダ漏れ。

 

実際、肛門締めをやりだしてからエネルギーの漏れは少し収まってる気がします。疲れにくい気がする。

 

しかも、開始2日目でお通じも良くなりました。腸の先端である肛門を動かすことで調子が良くなるようです。

 

一時期流行った腸揉みって腕が疲れるしいつでもどこでもってわけにはいかないから、私には肛門締めがあってるみたい。

 

上記の記事で気になったのはここ。↓

私も仕事がなくなった時、お金がないにも関わらず、さんざん色々な塾に入りました。そして、毎月20-30万円程度稼げるようになったビジネスもあります。その結果、最終的に分かったのは、エネルギーレベルが低ければ、何をやっても成功することは難しいということです。

そうなのよ!それなのよ!薄々気づいてたけど。

 

できる人は何やってもできるし、できない人は何をやらせてもダメ。その違いは本人の頑張りとかじゃなくてエネルギーレベルの話だったんですね。

 

でもこの方法なら誰でもできる。私もすでに効果を感じています。

 

お腹にうっすら筋肉が浮き出てきたのは、筋トレのおかげか肛門締めのおかげかわかりませんが、生命力は高まっているようです。

 

ブログの結果だって生命力に左右されるということ。淡々と書きながら締めていきます٩( ‘ω’ )و

 - 体の不調, 加齢の話

グーグルアドセンス 記事下

スポンサーリンク

グーグルアドセンス 記事下

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

40過ぎて茶髪はやめたほうがいいと思う、いろんな意味で。

もうすぐ40になります、ひーさんです。   同年代の男女のチェックの厳 …

糖分を極力抑えた食生活にしたら身体のだるさがなくなった( ´∀`)

糖分とりすぎてだるいのは薄々感じていましたが、やっぱり甘いものは美味しくてやめら …

痩せれないのは意思が弱いからじゃない!!環境のせいって話!!

痩せたいなら環境を変えるべし 痩せたいのに痩せれないと困っている人!!悩むのは何 …

女性は35歳を過ぎてから何かが変わる気がします

20代後半は30代になるのをカウントダウンのように感じていたけど、なってみたら悪 …

腕の付け根のコリ、肩コリ、四十肩がなかったことに( ´ ▽ ` )ノ

そんなうまい話なんて。。。あるのです。あったのです!!   しかも手軽 …

人に好かれるのはこんなに簡単なことだったのか(´・Д・)」体調不良を訴えない

誰でも人から好かれたいって思いますよね?   人によっては一種の才能の …

いつも体調不良を訴える人、正直面倒くさいです。

  挨拶のように体調不良を訴えてくる面倒くさい人いますよね( ;´Д` …

なぜ太っていたらだめなのか?その理由4つ

太っているとこんなに不利になる ダイエットができない私って。。。って自分を責めな …

肩こりは自分ではどうにもならない?いえいえ、いい方法がありますよ٩( ‘ω’ )و

肩こりと言っても、凝ってるところは人それぞれ。   背面が凝ってると、 …

腰痛に効果のあるストレッチはこれ!痛気持ちいいくらいでやってみよう

  20代の時にぎっくり腰を経験しました。もうあんな思いはごめんです。 …